土地建物サービスは、すまいの窓口として大分県・福岡県で新築、建売、中古住宅・土地の売買、リノベーションを行う不動産事業のトータルプランナーです。

メニュー▼click

繰り返しの揺れに最大限の効果を発揮。

新型ミライエは、茨城県の筑波防災化学技術研究所で大規模な実大振動台実験を行いました。耐震等級3相当の木造建築に対して、もっとも損害を受けやすいと言われる阪神淡路大震災同等クラスの地震波を入力。また、余震を想定し、震度6強の地震波で繰り返し実験しました。

90年間※ メンテナンスフリー。

MIRAIEは何百万円も必要になることもある大地震後の補修費リスクを低減します。また長期にわたりメンテナンスは不要なので、お孫様の代まで安心な住まいをご提供します。
※促進劣化試験の結果による(高減衰ゴムダンパー全部において)

100年の歴史を重ねる住友ゴムの実績

木造住宅用制震ダンパーの供給実績No.1※です。100年間真面目にゴムと向き合ってきた住友ゴムが作っています。
※2014年3月調べ。

 
● 震度6強の揺れ幅を最大70%も低減※します。

MIRAIE装着とMIRAIE非装着で、建物の上層と下層の揺れ幅(層間変位)を測定。
この結果、地震の揺れ幅を最大70%吸収・低減※できることが実証されました。
BSL波(建築基準法で想定されている大地震波)およびJMA神戸NS波(阪神・淡路大震災原波)を使用。
※2011年12月の実大振動台実験の結果による。

● 1階に4ヵ所※設置するだけで制震効果が得られます。

X方向、Y方向に、ダンパーが作用するよう設置。1階だけの設置で十分な制震効果が得られます。また、間取りを考慮しながら、側端部配置と中央部配置という2種類の配置位置が選べます。免震システムと比較し、低コストで導入いただけます。
※商品のデザインは一部変更になる可能性がございます。

● 何百万円もかかる大地震後の補修費リスクを抑えます。

地震の揺れにより損傷を受ける箇所は数多くあります。それぞれ補修が必要になった場合、高額な費用が発生する可能性があります。MIRAIEは地震の揺れを吸収・低減するので、住まいの損傷を軽減し、補修費発生リスクを低減することができます。